FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★平成24年度一級建築士試験予想の施工(コンクリート)の用語

平成22、21年度の出題された用語について以下に示す。

コンクリートについては構造、施工でよく出題されているので
ここは押さえておきましょう。一番覚えやすいのは
施工管理、工事監理のときコンクリート工事の仕事をしているとき
まずフレッシュコンクリートの状態、空気量、スランプ、温度、
スランプフロー、打ち込み状況、打設時間、運搬時間、充填方法、
養生など理解していないといけないので理解が深まり、
コンクリートの項目が出ると解きやすくなります。

◆コンクリートの収縮ひび割れの制御について、周囲を柱・はり・
誘発目地などで囲まれた1枚の壁の面積は25平方メートル以下と
し、その辺長比は1.25以下を原則とする。この設問は
私が勉強してきたときに出てこなく、最近コンクリートの補修、
診断、メンテナンスの時代にちなんだ細かい問題です。
法規でもでそうな問題なので慣れが必要です。

◆寒中コンクリートではコンクリートが急激に乾燥したり
冷却しないようにする。この寒中コンクリートはよく出題
されるので理解しましょう。近い意味で暑中コンクリートが
あります。

◆セメントを投入するときのミキサー内のほかの材料の
温度の上限は40℃とする。この設問は基礎的問題なので
絶対間違わないようにしましょう。

あと、セメント類には高炉スラグやフライアッシュがありますので
理解しましょう。あと、高強度コンクリートや高流動コンクリート
、マスコンクリートなども出題されると思いますので関連付けて
理解しましょう。最初にコンクリートの勉強をする場合、
下記のコンクリートのはなしがとっつきやすいです。



【送料無料】コンクリートのはなし(1)

【送料無料】コンクリートのはなし(1)
価格:1,890円(税込、送料別)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0321takeru

Author:0321takeru
大学を卒業し実務2年間後、本社で設計審査、工事監理補助、コンクリートの研究、保守業務と多彩な仕事をしてました。挫折の日々を繰り返し屈折10年後一級建築士の試験に合格しました。この努力と挫折をもとに一級建築士の勉強法を記事として掲載致します。受験生の皆様に役立てようとブログを立ち上げました。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
充電スタンド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。