FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分からない用語はインターネットで検索!

小中高校生の試験勉強にも共通しますが現在インターネットの普及より、検索をするだけで知りたい情報が得られます。私の時は分厚い建築大辞典を購入しわからない用語をしらべていました。

現在、インターネットの検索で99%知りたい用語の意味が分かります。建築士の問題で分からない単語を調べて過去問をほとんど解答できれば、それだけで合格点に達すると言えます。

数学、物理、英語なども同様に建築士の勉強は特別な問題ではありません。

できる問題は3回繰り返し、分からない問題は理解できるまで勉強しましょう。

私は学校に行って学科が受かりましたが振り返ってみると過去問をいかに
解くかでした。新問題対応のためと言われとぃますが、実際みんなできない問題はできないので
その部分で差はでません。いかに取るべき問題を落とさず問題を解くかが
差ができます。学科で高いお金をださなくても私の周りの人は合格していますのでまず分からない用語はインターネットで調べましょう。

上記のように過去問を何回も繰り返しインターネットで分からない用語を調べ
理解すれば学科は合格します。皆さん頑張ってください。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

建築構造家による人生の楽しみ方

一級建築士に合格するための資格サイトのまとめ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0321takeru

Author:0321takeru
大学を卒業し実務2年間後、本社で設計審査、工事監理補助、コンクリートの研究、保守業務と多彩な仕事をしてました。挫折の日々を繰り返し屈折10年後一級建築士の試験に合格しました。この努力と挫折をもとに一級建築士の勉強法を記事として掲載致します。受験生の皆様に役立てようとブログを立ち上げました。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
充電スタンド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。