FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★平成24年度一級建築士試験予想の構造(予想)

水平すべりに対しては、フーチング底面の摩擦力によって抵抗する。
→フーチングに関することも理解しましょう。

粘性土地盤が長時間かけて土全体の体積が鉛直方向に
圧縮され沈下することである。
→砂質土に関しても理解しましょう。

杭径が小さいほど、杭の水平剛性は小さくなるため
杭が負担する水平力は小さくなり、杭頭固定曲げ
モーメントも小さくなる。
→杭径ではPHC杭算定式ができると良いです。

地盤の許容応力度は、標準貫入試験のN値が同じ場合
一般に粘性土地盤より、砂質土地盤の方が小さい。
→砂質土、粘性土に関して理解しましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0321takeru

Author:0321takeru
大学を卒業し実務2年間後、本社で設計審査、工事監理補助、コンクリートの研究、保守業務と多彩な仕事をしてました。挫折の日々を繰り返し屈折10年後一級建築士の試験に合格しました。この努力と挫折をもとに一級建築士の勉強法を記事として掲載致します。受験生の皆様に役立てようとブログを立ち上げました。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
充電スタンド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。