FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★平成24年度一級建築士試験予想の計画(積算)

私は業務上施主の立場の仕事をしているので積算や数量算出も
してきました。工事監理や施工管理ではこの部分を抑えている
人は多いえと思います。積算などについては覚えることが
多いので数値など記憶しておくと解きやすくなります。

★アンカーボルト類の所要数量は、設計数量に対する割合はしない。
→同時に鋼板(切込)・・・3%、ボルト類・・・4%、
デッキプレート・・・5%も覚えたほうがいいです。

★鉄筋の数量・・・一般4%、仕上改修の計測・計算において図示が
ないときは、適切な余幅を加えて計測・計算することができる。
覚えるしかないですね。

★根切りの数量を算出する場合、ゆとり幅は0.5mを標準とする。
工事監理、施工管理の業務に携わっているひとには常識なので
上述の業務以外の方は覚えることが重要です。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0321takeru

Author:0321takeru
大学を卒業し実務2年間後、本社で設計審査、工事監理補助、コンクリートの研究、保守業務と多彩な仕事をしてました。挫折の日々を繰り返し屈折10年後一級建築士の試験に合格しました。この努力と挫折をもとに一級建築士の勉強法を記事として掲載致します。受験生の皆様に役立てようとブログを立ち上げました。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
充電スタンド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。