FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域図書館(段床形式の小ホールのある施設である。)

過去の課題で出題された図書館、小ホールの各室

一般開架閲覧室、児童閲覧コーナー、閉架書庫、レファレンス、新聞雑誌コーナー、ビデオコーナー、ブックモビル書庫・車庫等、多目的ホール、集会室、小ホール (ホワイエ、控室、専用倉庫、客用便所を含む)

今年度の製図の課題は過去何年か類似出題されているので想定しやすいです。
あと、各室との動線をうまく配置することが大切である。
何問の課題を数多く解き、解答例に近づくことが合格するための手法です。

学科講座に興味ある方は下記クリックお願い致します。
一級建築士講座
スポンサーサイト

製図課題◆地域図書館(段床形式の小ホールのある施設である。)

段床式の小ホール
・高さ20cmピッチの段床は1段~8段まで設営可能
・段床部は最大120席

地域図書館
・書棚、貸出コーナー、読書コーナー、書架、学習室、男女トイレ、倉庫、
事務室、給湯室など

★設計条件を絞る★
地域図書館1F、小ホール2F、スパン大(S造)、1Fと2Fの動線、二方向避難、
階段の位置、PSの配置、駐車場、駐輪場、容積率、敷地内通路など

有料講座に興味ある方は下記クリックお願い致します。
一級建築士講座

一級建築士学科試験までの心得

自分の弱点や苦手科目、間違った問題を徹底的にやりましょう。
1日前は何もしない方がいいという人がいますが、逆に一日前だと
記憶力がまだ保つので苦手科目を徹底的にやることをおススメします。

以上一日前にやることで試験当日に自信が持てます。
前日やった問題以外に出題されたならばみんなできないと
思いましょう。そして、慌てず試験に取り込んでください。
慌てるとケアレスミスが生じやすくなります。または、
見直しを何回もしましょう。

明日の試験では簡単な問題をミスることが多いので
見直しを重点的に行うことが必須です。また、見直しが
できるかできないかで勝因が変わるかもしれません。

試験で分からない部分があればさらりと次の問題に
行きましょう。分からない問題に時間をかけても
時間の無駄です。最後の残った時間に考えてみることを
おススメします。

★平成24年度一級建築士試験の構造(予想)

リンや硫黄が鋼材に含まれると、一般に、鋼材や溶接部の靱性に悪影響を与えるので、
少ないほうが望ましい。
→金属材料は毎回出題されるので押さえておきましょう。

鋼材はより圧延された板厚の薄いものの方が降伏点は高くなる。
→板厚の問題を理解しましょう。

構造計算に用いるヤング係数はアルミニウム合金より建築構造用ステンレス
鋼の方が大きい。
→各種のヤング係数を理解しましょう。

ステンレス鋼は耐食性に優れており、高温時の耐力低下が小さいため耐火性にも
優れている。
→ステンレス鋼の性質について理解しましょう。

省エネルギーを理解しましょう!

LEDとは・・・従来70W必要だった消費電力が12Wに削減と、かなりの省エネを実現しています。LEDは、白熱灯に比べると発光効率(1Wあたりの光の量)が良いため、消費電力が少なくなるのです。長期的にはランニングコストを含めたトータルコストの削減につながります。価格は蛍光灯に比べ高いですが今のご時世LEDは効果的です。

太陽エネルギーとは・・・太陽光発電システムを設置することにより、火力発電所から排出されるCO2の削減と、 そこで消費される原油量の節約が可能となります。
例えば10kWの太陽光発電システムを設置した場合、全国平均で年間約10,000kWhの発電量が期待できます。 これは、原油消費削減量としては年間約2,270リットル、CO2排出削減量としては年間3.14t-CO2となります。

風力エネルギーとは・・・風車で風を受け、風車の中に設置している発電機を回すことで電気を起こします。風力エネルギーは、風の運動エネルギーを羽の回転エネルギーに変えて作られるのです。風力エネルギーは、主に機械工業に使われる場合と、電気や熱に変えて使う場合があります。風力エネルギーの約40%が電気になります。

数値を覚えましょう!

全教科に共通することですが数値の問題があります。
この数値を覚えるか覚えないかで合否が変わります。

私は数学が得意だったので数値を覚えることは
苦手ではありませんでした。一番覚えやすい方法として
択一式で覚えるのが一番効率がいいです。

4択で数値を覚えるのは覚えることが多いので難しいと
思います。しかし、択一式ですと意外に頭の中に記憶として
覚えることがあります。私は効率が一番いい勉強として
最初に択一式で勉強することをおススメします。

その後、4択などを行って設問で〇、△、×と記載しておけば
各設問が理解できて苦手意識も変わると思います。
是非実行してみて下さい。

★平成24年度一級建築士試験の法規(予想)

傾斜路の幅が3mを超える場合においては、中間に手すりを設けなければならない。
→高さ1m以下の傾斜路の部分には適用しないことも覚えましょう。

集会場の居室は、自然換気設備以外の換気設備を設けなければならない。
→特殊建築物に設ける換気設備を覚えましょう。

主要構造部である柱、梁に木造を使用してはならない規定はないです。
→法21条についてよく理解しましょう。

成績アップのコツ

私は中学生時代全く勉強をしませんでした。そのため公立の偏差値45の
高校しかうかりませんでした。しかし、家から近いので文句はいわなかっです。
しかし、私の学校は進学率が10%弱でした。物理と化学は選択式で私は
物理を取りましたが未だに化学はできませんでした。

しかし、一浪して代々木ゼミナールの最低クラスで勉強しました。
今思い出すと良い大学にはいけないと思いました。しかし、夏ごろになって
授業を休まず復習しました。受験まであと2か月で一日12時間毎日
勉強しておりました。毎回何回も復習していました。予習はしていません。

受験時第一希望の明治大学工学部建築学科に見事受かりました。
特別に勉強したというわけではありませんがその当時に明治大学
工学部建築学科は偏差値60ありました。ちょっとじまんしてしまいますが
偏差値45の高校で過去25年間明治大学を受かった難関大学に受かった人はいません。

結果として頭がいい悪いで判断せず、最も効率的な勉強をすることで
合格を勝ち取れます。興味ある方は下記のサイトご覧ください。
私のノウハウが記載している一級建築士の勉強講座のサイトがあります。

10年間受験した実績で受験生を独学で一級建築士に合格させる勉強法

間違っていない設問の覚え方

4択の設問で間違っている問題は答え合わせで内容を確認しますが、
あっている設問に関しては何の復習もしていない人は多くないでしょうか。

まず4択のうち絶対これは正しいという設問には〇、あやふやな設問は
△、間違っていると思いきや正しい設問には×と設問の先頭に記載しましょう。

同時に聞いたことがない用語はインターネット検索で調べ、○が3回続くと
次回復習なし、△や×は〇の3回連続して正答しなければ何回も復習して
下さい。

これをやっておけば足切合計点でギリギリ合格か1点足りないところまで
点数が伸びます。また、人間の記憶は何時間が過ぎるとどんどん忘れてしまうので
早めの復習をおススメします。

残り2週間弱の勉強法

あと2週間弱でできることは、できなかった問題の復習をおすすめします。
過去問題、問題集、模擬問題の復習をしましょう。この時期では
過去問題については大方のひとは復習していると思いますので、
問題集、模擬問題の復習がいいと思います。

また択一式の問題を行ってちゃんと記憶ができているか
確認も必要です。あと時間配分です。時間がかかりそうな問題は
あと回しにしましょう。あとその時マークシートの記載ミスには
注意を図ろう。

見直しが絶対できる時間を残しましょう。意外にも早とちりして
間違っていることがあるので見直しは必須です。2つの問いに
どちらか悩んだ場合は、最初の直観に自信を持ちましょう。
最初の直観は大事です。

個人的には何年か前は5択で現在は4択なので正答しやすいと
思います。また過去7年の問題を見ると過去問ができれば解ける
問題が増えています。記憶の確実性を鍛錬しましょう。新問題は
だれでもできないという確率が高いのであせらず問題を解きましょう。

計画の建築史や構造の計算問題は時間がかかるので後回しにしましょう。

効果的な勉強法

私は朝会社に行くとき座れる電車に乗ります。そのとき一級建築士の
勉強をしていました。例えば択一の問題とかです。
同様に帰りの電車も座っていきながら勉強をしていました。

あと部屋やトイレに紙を張って暗記モノを毎日かかざず見て
覚えました。また単語帳にして建築用語を覚えました。

過去問は3回行って3回とも正解だと4回目はやりませんでした。
必ず3回連続してできるまで何回も解きました。また、同時に
正しい設問もおぼえました。これだけやるだけで合格圏まで
あと一歩のところまで行きます。

新問題の対応として建築知識、建築技術、環境白書、国土交通省白書、

新建築
新建築住宅特集 - 新建築社
GA JAPAN
住宅建築 (雑誌) - 建築資料研究社
住宅と木材 - 日本住宅・木材技術センター(1978-)
商店建築 (雑誌) - 商店建築社(1956-)
鉄道建築ニュース
公共建築ニュース - 公共建築協会(継続前誌「営繕ニュース」、1969-)
ビルデイングレター - 日本建築センター(1967-)
建材フォーラム - 工文社
建材試験情報 - 建材試験センター
月刊建築仕上技術 - 工文社
建設工事と配管工事 - 日本工業出版
住まいと電化 - 日本工業出版
Confort (雑誌) - 建築資料研究社(1990-)
建築ジャーナル - 建築ジャーナル(継続前誌「中部建築ジャーナル」)
建築と社会 - 日本建築協会(1920-)
厨房 (雑誌) - 日本厨房機器工業会(旧名「厨工会報」、1964-)
設備と管理 - オーム社(1967-)
などが上げられます。

これを毎回図書館で読むなどすると能率的です。
日本建築学会の会員ですと上記雑誌がみれます。

例えばコンクリートのはなしと言う本を買って
読めば簡単にコンクリートのことが分かるので点数獲得に
良い効果の勉強法です。

施工などの建設機械を覚えたい人はインターネットで調べれば
簡単に勉強ができます。

時間があれば、建築関連の資格の問題集を勉強すれば
知識が深まります。

勉強のやり方は皆それぞれ異なるかもしれませんが
自分にあった勉強方法をおすすめします。








分からない用語はインターネットで検索!

小中高校生の試験勉強にも共通しますが現在インターネットの普及より、検索をするだけで知りたい情報が得られます。私の時は分厚い建築大辞典を購入しわからない用語をしらべていました。

現在、インターネットの検索で99%知りたい用語の意味が分かります。建築士の問題で分からない単語を調べて過去問をほとんど解答できれば、それだけで合格点に達すると言えます。

数学、物理、英語なども同様に建築士の勉強は特別な問題ではありません。

できる問題は3回繰り返し、分からない問題は理解できるまで勉強しましょう。

私は学校に行って学科が受かりましたが振り返ってみると過去問をいかに
解くかでした。新問題対応のためと言われとぃますが、実際みんなできない問題はできないので
その部分で差はでません。いかに取るべき問題を落とさず問題を解くかが
差ができます。学科で高いお金をださなくても私の周りの人は合格していますのでまず分からない用語はインターネットで調べましょう。

上記のように過去問を何回も繰り返しインターネットで分からない用語を調べ
理解すれば学科は合格します。皆さん頑張ってください。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

建築構造家による人生の楽しみ方

一級建築士に合格するための資格サイトのまとめ

★一級建築士の勉強の進捗いかがですか?

皆さん一級建築士の試験勉強の進捗はいかがなものでしょうか。あと試験まで20日弱となっております。資格学校に通っている方は過去できなかった問題をひたすら理解できるまで何回も復習しましょう。

独学の方は理解できていない問題を何回も理解できるまで復習しましょう。最近の問題は新問題が少なく、4択なので過去問の復習するだけでも合格に近づけます。

また、時間ない方は私の作成したネット講座を受講して最短で合格できる一級建築士講座の受講を検討してみてください。月額3000円とお得になっております。ノウハウも掲載しております。資格学校の高い短期学習よりお得で合格までの距離を縮めることができます。資格学校では受講料が高い割には私の作成した内容とかわりません。大きな違いはアドバイスがあるかです。私の講座はアドバイス入りです。

★興味のある方は下記ネット講座へアクセスしてください。★
http://www.knowledge.ne.jp/lec2034.html

メルマガ購読・解除


 

★勉強に必要な努力について

【重要】
★人は覚えたことをそのままにしておくと・・・
9時間後には64%を忘れます。1か月後には79%忘れてしまいます。
忘れない学習法として「エビングハウスの理論」があります。
要は10時間以内に覚えたことを繰り返し覚えます。この講座でも繰り返しの方法を提案しています。6~8回復習すると記憶が定着されます。この講座でも自然に復習できる講座となっております。

★リハーサル学習法の実施例として過去問や予想問題を最低3回は取り込みましょう。このことにより時間配分や本番での成功イメージを持つことができます。

以上、上記のことをしなければ絶対受かりません。勉強は何でもそうですが1冊の教材を最低3回繰り返してください。


メルマガ購読・解除


 

★平成24年度一級建築士試験の環境・設備(予想)

low-Eガラスは、日射の長波長域の反射率を高かめたものです。
→low-Eガラスについて理解しましょう。

500Hz付近の中低音域においては、複層ガラスの共鳴透過によって
遮音性能が低下する場合もあります。
→複層ガラスの音域について理解しましょう。

空気層の熱抵抗は、その厚さが2~4cm程度までは増加するが
それ以上空気層の厚さを増しても空気の対流により、伝熱が
促進されることから、熱抵抗はほとんど変化せず、むしろ
少しずつ減少する。
→空気層の熱抵抗について理解しましょう。


メルマガ購読・解除


 

プロフィール

0321takeru

Author:0321takeru
大学を卒業し実務2年間後、本社で設計審査、工事監理補助、コンクリートの研究、保守業務と多彩な仕事をしてました。挫折の日々を繰り返し屈折10年後一級建築士の試験に合格しました。この努力と挫折をもとに一級建築士の勉強法を記事として掲載致します。受験生の皆様に役立てようとブログを立ち上げました。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
充電スタンド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。