FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★はじめに!

はじめに

■学科編
私は計画がいつも足切点ギリギリなので胃が痛くなりました。法規に関して特に苦手でしたが時間をかけて何回も繰り返し法令集をひくことで、最高25点満点中24点でした。構造に関しては比較的得意なので勉強して面白かったです。施工に関しては大学時代コンクリートのゼミにいたので比較的得意でした。いつも合格点に1点足りずに落ちていました。後輩で学科を一発でうかった人に聞くと、「次回は1.5倍勉強すれば受かります」と言われ、その年はめちゃくちゃ勉強して合格点ギリギリで受かりました。

■製図編
私は図面が特に苦手で某都内に有名な資格学校でグループ内でいつもビリの点数でした。製図の勉強は法規と同じで多数何パータンを繰り返し行いました。製図試験では3回目で何とか受かりました。合格の勝因は要領が日々理解できるようになって合格に繋がったと思います。

以上、私が費やした10年間の苦労を現受験生が効率的に合格できるよう記事を掲載していきます。ぜひ皆様が合格できるようお祈りいたします。

【勉強方法】
■ここでは問題集を3回連続でできるまで復習
してください。あと、分からない用語は絶対インターネットなどで調べて理解
できるまでやってください。

■過去問に出題されない場合の新問題に関してはあまり多くないですね。解けるように法改正の法律を調べてください。資格学校の短期学習コースで情報をえたり、自分の
モチベーションを上げる意味では資格学校に通うこともおススメします。

■足切点があるので苦手な科目は足切点で落とされないように他の得意科目を
削って苦手科目に時間を費やしてください。決して暗記をするのではなく、
自分が理解することを前提に勉強してください。
そうすれば、長期記憶力となって問題を解くことができます。

■新傾向問題対策として毎日会社や図書館ででそうな記事を
理解しておいてください。例えば、建築知識とか建築技術などが有益です。


★人は覚えたことをそのままにしておくと・・・
9時間後には64%を忘れます。1か月後には79%忘れてしまいます。
忘れない学習法として「エビングハウスの理論」があります。
要は10時間以内に覚えたことを繰り返し覚えます。この講座でも繰り返しの方法を提案しています。6~8回復習すると記憶が定着されます。この講座でも自然に復習できる講座となっております。

★リハーサル学習法の実施例として過去問や予想問題を最低3回は取り込みましょう。このことにより時間配分や本番での成功イメージを持つことができます。


一級建免許証
一級建築士免許証
スポンサーサイト
プロフィール

0321takeru

Author:0321takeru
大学を卒業し実務2年間後、本社で設計審査、工事監理補助、コンクリートの研究、保守業務と多彩な仕事をしてました。挫折の日々を繰り返し屈折10年後一級建築士の試験に合格しました。この努力と挫折をもとに一級建築士の勉強法を記事として掲載致します。受験生の皆様に役立てようとブログを立ち上げました。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
充電スタンド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。