FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★平成24年度一級建築士試験の構造(予想)

リンや硫黄が鋼材に含まれると、一般に、鋼材や溶接部の靱性に悪影響を与えるので、
少ないほうが望ましい。
→金属材料は毎回出題されるので押さえておきましょう。

鋼材はより圧延された板厚の薄いものの方が降伏点は高くなる。
→板厚の問題を理解しましょう。

構造計算に用いるヤング係数はアルミニウム合金より建築構造用ステンレス
鋼の方が大きい。
→各種のヤング係数を理解しましょう。

ステンレス鋼は耐食性に優れており、高温時の耐力低下が小さいため耐火性にも
優れている。
→ステンレス鋼の性質について理解しましょう。
スポンサーサイト

★平成24年度一級建築士試験予想の構造(予想)

主筋を増すと、強度は増大するが、靱性を高めることにはならない。
→塑性変形なども覚えましょう。

高さが60mを超える建築物においては耐久性等関係規定も満たさなければならない。
→耐震計算のルート1~3も理解しましょう。

高さ31m以下の建築物について塔状の保有水平耐力計算の検討も理解しましょう。

鉄筋コンクリート造の構造特性係数Dsの値はβuの値が大きいほど、Dsの最小値は大きくなる。
→構造特性係数Dsについて理解しましょう。


メルマガ購読・解除


 

★平成24年度一級建築士試験予想の構造(予想)

水平すべりに対しては、フーチング底面の摩擦力によって抵抗する。
→フーチングに関することも理解しましょう。

粘性土地盤が長時間かけて土全体の体積が鉛直方向に
圧縮され沈下することである。
→砂質土に関しても理解しましょう。

杭径が小さいほど、杭の水平剛性は小さくなるため
杭が負担する水平力は小さくなり、杭頭固定曲げ
モーメントも小さくなる。
→杭径ではPHC杭算定式ができると良いです。

地盤の許容応力度は、標準貫入試験のN値が同じ場合
一般に粘性土地盤より、砂質土地盤の方が小さい。
→砂質土、粘性土に関して理解しましょう。

★平成24年度一級建築★士試験の構造(予想)

S造に関してはRC造、SRC造と同様に出題頻度が高いです。施工でも出題されるので構造、施工と同時に理解しましょう。

・溶接部分の強度を低下させないために、パス間温度とならないように管理する。
→溶接に関しては「鉄骨工事技術指針工事現場施工編と工事製作編で確認しましょう。また、パス間温度については過去出題されたケースが少ないので押さえておきましょう。

・山形鋼・溝形鋼を筋かい材として用いた場合、ファスナー孔による欠損部分及び突出脚の無効部分を差し引いた有効断面積によって、断面算定を行う。
→欠損部分と突出脚無効部分を差しひいた有効断面積と覚えましょう。

・溶接部の破断耐力は、筋かい軸部の降伏耐力より十分大きくならないようにする。
→要は溶接部の破断耐力を強くすることに破壊に対する考え方です。

・部材種別がFA材であるH形鋼の梁に関する幅厚比の規定値は、フランジより
ウェブの方が大きい。
→ウェブを大きくすることから靱性が高いということです。

★平成24年度一級建築★士試験予想の構造

構造についてはRC造、S造、SRC造と関連付けて覚えよう。
下記にS造の過去問について示す。

★板要素の幅厚比の値が大きいほど、局部座屈が生じやすい。
→幅厚比について学ぼう。

★断面二次半径iが小さいほど、有効細長比λは大きくなるので
圧縮材の許容圧縮応力度fcは小さくなる。
→断面二次半径i、有効細長比λに関して理解しましょう。

★板厚40㎜を境に基準強度が変わっており、圧延回数の
多い厚さ40㎜以下の方が強度が大きい。
→板厚40㎜あたりの強度について理解しましょう。

★鋼材の基準強度が大きくなるほど、幅厚比の制限値は
小さくなる。
→基準強度や幅厚比について理解しましょう。

幅厚比・・・鋼材の板幅と板圧の比。
幅圧比が大きいと、圧縮材を受ける材が局部座屈を起こしやすくなる。

基準強度・・・Fの値です。
プロフィール

0321takeru

Author:0321takeru
大学を卒業し実務2年間後、本社で設計審査、工事監理補助、コンクリートの研究、保守業務と多彩な仕事をしてました。挫折の日々を繰り返し屈折10年後一級建築士の試験に合格しました。この努力と挫折をもとに一級建築士の勉強法を記事として掲載致します。受験生の皆様に役立てようとブログを立ち上げました。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
充電スタンド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。