FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一級建築士学科試験までの心得

自分の弱点や苦手科目、間違った問題を徹底的にやりましょう。
1日前は何もしない方がいいという人がいますが、逆に一日前だと
記憶力がまだ保つので苦手科目を徹底的にやることをおススメします。

以上一日前にやることで試験当日に自信が持てます。
前日やった問題以外に出題されたならばみんなできないと
思いましょう。そして、慌てず試験に取り込んでください。
慌てるとケアレスミスが生じやすくなります。または、
見直しを何回もしましょう。

明日の試験では簡単な問題をミスることが多いので
見直しを重点的に行うことが必須です。また、見直しが
できるかできないかで勝因が変わるかもしれません。

試験で分からない部分があればさらりと次の問題に
行きましょう。分からない問題に時間をかけても
時間の無駄です。最後の残った時間に考えてみることを
おススメします。
スポンサーサイト

数値を覚えましょう!

全教科に共通することですが数値の問題があります。
この数値を覚えるか覚えないかで合否が変わります。

私は数学が得意だったので数値を覚えることは
苦手ではありませんでした。一番覚えやすい方法として
択一式で覚えるのが一番効率がいいです。

4択で数値を覚えるのは覚えることが多いので難しいと
思います。しかし、択一式ですと意外に頭の中に記憶として
覚えることがあります。私は効率が一番いい勉強として
最初に択一式で勉強することをおススメします。

その後、4択などを行って設問で〇、△、×と記載しておけば
各設問が理解できて苦手意識も変わると思います。
是非実行してみて下さい。

成績アップのコツ

私は中学生時代全く勉強をしませんでした。そのため公立の偏差値45の
高校しかうかりませんでした。しかし、家から近いので文句はいわなかっです。
しかし、私の学校は進学率が10%弱でした。物理と化学は選択式で私は
物理を取りましたが未だに化学はできませんでした。

しかし、一浪して代々木ゼミナールの最低クラスで勉強しました。
今思い出すと良い大学にはいけないと思いました。しかし、夏ごろになって
授業を休まず復習しました。受験まであと2か月で一日12時間毎日
勉強しておりました。毎回何回も復習していました。予習はしていません。

受験時第一希望の明治大学工学部建築学科に見事受かりました。
特別に勉強したというわけではありませんがその当時に明治大学
工学部建築学科は偏差値60ありました。ちょっとじまんしてしまいますが
偏差値45の高校で過去25年間明治大学を受かった難関大学に受かった人はいません。

結果として頭がいい悪いで判断せず、最も効率的な勉強をすることで
合格を勝ち取れます。興味ある方は下記のサイトご覧ください。
私のノウハウが記載している一級建築士の勉強講座のサイトがあります。

10年間受験した実績で受験生を独学で一級建築士に合格させる勉強法

間違っていない設問の覚え方

4択の設問で間違っている問題は答え合わせで内容を確認しますが、
あっている設問に関しては何の復習もしていない人は多くないでしょうか。

まず4択のうち絶対これは正しいという設問には〇、あやふやな設問は
△、間違っていると思いきや正しい設問には×と設問の先頭に記載しましょう。

同時に聞いたことがない用語はインターネット検索で調べ、○が3回続くと
次回復習なし、△や×は〇の3回連続して正答しなければ何回も復習して
下さい。

これをやっておけば足切合計点でギリギリ合格か1点足りないところまで
点数が伸びます。また、人間の記憶は何時間が過ぎるとどんどん忘れてしまうので
早めの復習をおススメします。

残り2週間弱の勉強法

あと2週間弱でできることは、できなかった問題の復習をおすすめします。
過去問題、問題集、模擬問題の復習をしましょう。この時期では
過去問題については大方のひとは復習していると思いますので、
問題集、模擬問題の復習がいいと思います。

また択一式の問題を行ってちゃんと記憶ができているか
確認も必要です。あと時間配分です。時間がかかりそうな問題は
あと回しにしましょう。あとその時マークシートの記載ミスには
注意を図ろう。

見直しが絶対できる時間を残しましょう。意外にも早とちりして
間違っていることがあるので見直しは必須です。2つの問いに
どちらか悩んだ場合は、最初の直観に自信を持ちましょう。
最初の直観は大事です。

個人的には何年か前は5択で現在は4択なので正答しやすいと
思います。また過去7年の問題を見ると過去問ができれば解ける
問題が増えています。記憶の確実性を鍛錬しましょう。新問題は
だれでもできないという確率が高いのであせらず問題を解きましょう。

計画の建築史や構造の計算問題は時間がかかるので後回しにしましょう。
プロフィール

0321takeru

Author:0321takeru
大学を卒業し実務2年間後、本社で設計審査、工事監理補助、コンクリートの研究、保守業務と多彩な仕事をしてました。挫折の日々を繰り返し屈折10年後一級建築士の試験に合格しました。この努力と挫折をもとに一級建築士の勉強法を記事として掲載致します。受験生の皆様に役立てようとブログを立ち上げました。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
充電スタンド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。